ヴェルビュ新中野

サッカー、オシムジャパンの初陣。結成されてすぐのチームとは思えないほどのチームワークだった。浦和レッズの選手を軸につくられているとはいえジーコジャパンを軽く上回っていた。できることならきょうのこのチームでドイツを戦いたかった。と、思うほど明らかにいいプレーをしていた。
 オシムによってやっと闘う集団としてチームが機能しそうだ。そう思っている自分ですら半分ほど日本サッカーについては失望したままなので依然冷ややかな目と同居しているのだが。
 いずれにしてもオシムジャパンがゲームを重ねることがジーコ体制の批判になっていくということは疑いない。川渕は今後どの面下げてファンにむかいあうつもりだろうか。
 ジーコの監督就任時川渕は結果が残せなかったら責任は私にあるとはっきり明言したはずだ。ドイツ惨敗の揚げ句、その敗戦の総括もせずにのこのこと任期継続を決定して済まされるものだと思っているのだろうか。失言についての責任だってないとはいえまい。川渕、おまえ一人がどれだけ周囲とサポーターに迷惑をかけているのか少しは反省しろ。早く辞めろ。ヴェルビュ新中野