|仲入り前はやはり三三の「宮戸川」。

仲入り前はやはり三三の「宮戸川」。
きょん師匠などでも聞いていたが、やや三三のは早めの語り口ですかな?
もうちょっとゆっくりでもいいのでは?
ちなみに噺は前半部までで後半のおどろおどろしい部分はなしでした。

南光さんはお初でしたが、上方落語らしいスコーンっと抜けた爽やかなもので結構いいです。(上方落語で圓朝祭りに出たのは三枝と鶴光だけなんだそうな)

笑点でおなじみの小遊三さんは、可もなく不可もなくな語り口で、仲入り後のきょん師匠ほどの芸の巧さはなく、スワンほどのインパクトもなかったです。

この部屋の仮申込みをしようと考えてます。

さて仲入り後はスワンときょん師匠による圓朝作「双蝶々」のリレー口演。
昨年の本多劇場で彦いちも入れて3人でのリレーは聞きましたが、今日は2分割。

前半のスワン、いきなりものすごい柄の着物で登場。
楽屋できょん師匠や三三に「カーテンですか?」と揶揄されたそうな
古典落語とはいえスワンの落語、ものの見事に原型をとどめていず、江戸時代なのに「マッチ売りの少女」と「ヘンデルとグレーテル」が出て来る力技。