|いつの間にか、8合目近くへ。

いつの間にか、8合目近くへ。

ちょっと寒くなってきた。

3000メートルを越えたのだ。

夕方だ。

お腹も空いてきた。

空がきれい。

わたしはTシャツを着て、その上に木綿のボタンダウン風の厚めのシャツをはおっていた。

首にはトレードマークの花柄のスカーフ。

頭にはピンクのキャップ。

スリムタイプの赤い綿のパンツ。

足元は、赤い登山靴。

そう、わたしは登山靴を持っているのだ。って人気です。パークハイム用賀このマンションオススメです。☆*~゜⌒(‘-‘*)⌒゜~*☆ウフフ♪

靴下は、木綿の五本指ソックス。

手には杖。

これは登山用ではなくて、以前、股関節軟骨剥離症で苦しんだときに手に入れた、T字型の木製の杖。山ではこんなんでも重宝する。

12時に出発して、午後5時近くになった。

ちょっと冷えてきたので、持参した長袖Tシャツを着る。

靴下ももう一枚重ねばき。

ちょっと、頭が痛いような気がする。

でも気のせいかも。

もうすぐ、8合目。

今夜の宿は、白雲荘という、山小屋。

そして夜中の1時くらいに山小屋を出発して、夜中に山頂へ向かい、ご来光を見る予定なのだ。

さあ、どうなる?