|先日テレビを見ていたときのこと。

先日テレビを見ていたときのこと。

NHKをつけっぱなしにしていた。

BS新番組紹介のようだ。

「今までの自然紀行番組と一味違うのは、地球の自然をエコの観点から眺めるということなんです」

ふーん、今風だねえ。

わたしに言わせれば、エコツアーといえばなんといっても、ラオスの南部、デッド島とコン島に限るね。

あんなにのんびりして、メコン川と一体になって自然に暮らしている人たちはほかにないね。

世界地図が出て、紀行ルートが極太マジックで描かれている。

東南アジア、カンボジアかラオスかタイあたりをかすっているようだ。とりあえず一度は入ってみるといいかと。シャトレ市ヶ谷このマンションオススメです。ふーん。

すると!

「めずらしい川イルカが…」と聞こえてきた。

むっ、川イルカといえばラオスのシーパンドーン地帯ではないか。

デッド島とコン島ではないか!

あわててテレビの前に走ると、まさに!

わたしが遠くから見つけた川イルカがアップで写っている。

わたしがレンタルサイクルで走った島の小道。

わたしがながめたメコン川に浮かぶ小島。

わたしが移動のボートからながめた、川に突き出たテラスのあるゲストハウス。

外人がラオビールを飲みながらインタビューに答えている。

「ここはのんびりして最高だよ。」